【ダビマス】【日記】同じ配合で2年連続AB海外馬が産まれることなんてあるんですね

スポンサーリンク

苦し紛れで生産した父キンカメの肌馬が頑張りすぎています。

2年目と1年目の産駒の解析結果はこちら

こちらが2年目、136年産です。

ちなみに、昨年135年産がこちら。

底力Aで底力のクロスが入っているのにも関わらず
根性Dが2年続くってどういうこと?
なお、どちらもほとんどパラメーターが変わらないため、
走らせてみないとどちらが強いかは分からないです。

性別は2年連続牝馬だったので次は牡馬が産まれます。
そろそろ父父スクリーンヒーローの方を付けたかったのですが、
タピットの種を補充したいのでもう一回父父タピットを付けます。

肌馬からスピスタ以外も受け継いでいませんか?(6/17追加)

注)これは私の仮説です。

ダビマスをやっていて思うのは、スピスタ以外のパラメータの大半の
部分も肌馬から継承しているような気がするということなのですが、
残念ながらダビマスマガジンでその説は否定されてしまっています。

しかし、今回の配合は根性Dが2連発で、肌馬の根性はD。
父馬の底力パラはAなのに、おかしいと思いませんか?
なお、父馬の現役時代の能力はBCCCC-B3でした。

生産馬のデータは110年分くらい取ってあるのですが、
どうにも肌馬から根性も気性も体質も成長タイプも
結構な確率で引き継ぐ傾向があるような気がしますし、
過去のダビスタと比べてもその傾向が強い気がしています。

ダビマス猛者の方々が見事や完璧配合を2連続で行う配合を
よくやられていますけれど、その配合方法は強い馬を生産す
るのに効果的なのかもしれません。
(1回目の配合でサブパラが大きく底上げされるため)

解析結果は酷かったけど

こんなに上の方にブレることもあるんですね。

2年後につける本命の父父スクリーンヒーローの方も
このくらいの産駒が産まれるといいのですが、
あちらの方は別の肌馬に付けて結構ボロボロだったりします。

ゲノム解析の記事はこちら

【ダビマス】【日記】星5種牡馬を使って肌馬を作ったのに、この解析結果は凹みます
ゲノム解析が散々な結果でがっかりしています。 肌馬は? 上の画像はキンカメ産駒です。 スピスタBBのいくつか三...

コメントをどうぞ