【ダビマス】【初心者向け】種牡馬にするために勝ちやすい重賞は?

スポンサーリンク

重賞を勝った牡馬は引退時に種牡馬として登録できるように
なるのですが、勝ちやすい重賞として真っ先に挙げられる
カペラステークスってそんなに勝ちやすいかなと思いまして。

私の場合、カペラはかなり勝率が悪くて

ダートは最後垂れるので本当に負けやすく、
1200mと距離の短いカペラはスピスタBCいくつかコメの馬でも
平気で負けるので、私はあまり走らせないようにしているくらいです。

以下の項目で、カペラステークスと私が勝ちやすいと思っている
レースの戦績と勝率を載せてみました。

レース毎の成績のキャプチャ画面はこちら

ダ)1203カペラステークス 41戦14勝 勝率34.1%

芝)1203チャレンジカップ 98戦42勝 勝率42.9%

ダ)0201根岸ステークス 61戦27勝 勝率44.3%

芝)0303中山牝馬ステークス88戦57勝 勝率64.8%

芝)0704中京記念 122戦71勝 勝率58.2%

表にまとめたのがこちら

カペラ以外は私が勝ちやすいと思っているレースです。

レース 成績 勝率
ダ)1203カペラステークス 41戦14勝 勝率34.1%
芝)1203チャレンジカップ 98戦42勝 勝率42.9%
ダ)0201根岸ステークス 61戦27勝 勝率44.3%
芝)0303中山牝馬ステークス 88戦57勝 勝率64.8%
芝)0704中京記念 122戦71勝 勝率58.2%

基本的に単走でしか走らせないカペラの勝率は見た目以上に悪いです。
根岸ステークスはダートですが私は勝ちやすいと思っていますし、
実際、勝率も芝のレースとあまり変わらないです。

チャレンジカップは勝ってばかりの印象だったのですが、
複数頭で走らせる傾向があるせいか、勝率はそこまでよくなかったです。

勝ちやすい重賞レースのまとめ

芝の1600m~2000mで強敵が出ないG3レースが勝ちやすいと思います。
私が勝ちやすいなと思っているのは中京記念とチャレンジカップあたり。
中山牝馬ステークスは牝馬限定ですが勝率が高かったので掲載してみました。

他に、強敵のいない新潟以外の2歳戦のG3も狙い目だと思いますし、
重賞のターコイズステークス(12月3週)も、
強敵がいない時はそこそこ勝ちやすいかなと思っています。

結局、何度も走らせて強敵マークのつかない強い馬を覚えまくって、
そういう馬があまり出走しないレースを走らせるのがいいのではないかと。

コメントをどうぞ