【ダビマス】【日記】星5種牡馬を使って肌馬を作ったのに、この解析結果は凹みます

スポンサーリンク

ゲノム解析が散々な結果でがっかりしています。

肌馬は?

上の画像はキンカメ産駒です。
スピスタBBのいくつか三冠コメ。

こちらはコパノリッキー産駒です。
スピスタBBの海外コメ。

下の記事でこれらの肌馬について少し解説しています。

【ダビマス】【日記】ちょっと豊作な130年目
スピスタBBクラスが2頭で豊作と言える人は少ないの でしょうけど、〆の肌馬としては悪くないと思うのですよ。 産駒を3頭ピック...

ゲノム解析が散々な内容で

キンカメ産駒

自家製種牡馬の父父は最近お馴染みのスクリーンヒーローとタピット。

スピスタBBの肌馬なのにスタミナの中央値がCですよ。
そして、スピードの中央値もAに届いていません。
スタミナの中央値がAの種牡馬はスピードの最大値がBですし。

三冠コメントがあるからそこそこ強いとは思っていましたが、
残念ながらいくつかコメと海外コメの差は大きいみたい。

ピークになる前に引退させたのにこれは凹むな-と。

コパノリッキー産駒

スピスタBBの肌馬に実績B安定Aの種を付けて
スピードもスタミナも中央値がCというのは酷いなーと。
なお、下段は父父ウォーフロントの実績B安定Aです。

この次に見事〆になる配合が山ほどあって選びたい放題だった
のですが、いい産駒が出てくれるか心配です。

理論なしで父父タピットを付けてみると?

いつものようにスピスタBBの産駒が産まれるですよ。

理論が無いのでサブパラはお察しですけれども、
見事配合を意識した方が弱くなるのはいつものことだなーと。

なお、この肌馬はBBCCC-F6の海外三冠コメです。
いくつかと海外コメの間には、やはり相当大きな差が
あるということなのでしょうか。

このレベルの肌馬と見事多重で配合してみたかったです。

コメントをどうぞ