【ダビマス】【配合】私のスクヒロ見事多重、ダビマスの猛者の配合とは大分違うみたい

スポンサーリンク

某掲示板で有名なほのぼのさんのツイアカを見つけまして、
スクリーンヒーローの見事多重の血統を公開されていました。

血統表はこちら

ほのぼのさんの配合

Sadler’s Wells直系の牝馬なんていましたっけ?
ダビマスデータ様のツールでは出てこないですけれど。

こちらは私が考えた配合

繁殖牝馬にキャットファイトを使ったものです。

だいぶ違うなー

ファスリエフは因子を詰め込むのに有効で、
強い方がよく使っている印象です。
実績Cなので私はほとんど使ったことがないのですが。

しかし、肌馬の強さが違いすぎます。
自家製種牡馬の作り方よりも肌馬の作り方が違うのかな。

どのくらい肌馬を厳選しているのだろう

ダビマスで強い馬を生産されている方は、一つの配合の
〆まで進めるのにどのくらい種付けをしているのでしょう。
〆の肌馬でBB素質とかAC海外とか軽く書かれていますけど、
30頭くらいの種付けでは出ない気がするのですが。

私のストセン完璧〆肌馬の生産もそろそろ15頭くらいになりますが、
未だにスピスタCCのG1コメが手一杯です。
その一つ前でCBいくつかコメまで出ているのですが。

完璧配合を2連続で行って、肌馬のステを底上げしてるのかな?

コメントをどうぞ