【ダビマス】【イベント】「強敵チャレンジ」のために、ちょうどいい馬が産まれました

スポンサーリンク

距離適性の問題で、有馬やJCを勝つのは今使っている種牡馬的に
厳しくて、どうしたものかとちょっと困っています。
ゴルシは2才戦か天皇賞(秋)で勝たないと厳しそう。

それでも、そこそこの産駒が産まれました。

ちょうど、そこそこの馬が産まれました

父父タピットの見事アウト産駒です。

血統はこんな感じ。

因子は超スカスカです。
解析はBBBCC-D3、
凄い素質だけど海外コメにはならなかった残念凄馬です。

肌馬がスピスタBAなので、
実績B安定Bだけでステータスを維持した感じ。
これが一ヶ月前なら有馬くらいは勝てたのですけれど。

2才戦はこの配合かなー

父父アルデバランの見事アウト産駒です。
上の産駒の肌馬と同じです。

距離適性が狭いのですが、パラメータを維持できた種牡馬がこれしかいなくて。
因子がなくてインブリードできない肌馬なので、
種牡馬のパラメータが全てなんですよね。

この配合で2才戦を毎年頑張る方向でやってみます。

ハープスターは破ったけど

上の画像のスピスタ根性BBB馬でとりあえずハープスターを一回撃破。
その後全敗ですけれども。

やっぱり距離適性が大問題ですよ。

真面目に距離適性の仕様を考えるとするなら、ベストを出せる距離を
全ての馬に設定して、そこから距離が離れるほど能力が落ちるくらいに
しないと今の距離適性仕様はおかしいですよね。

ま、それだと面倒くさいので、適性範囲から離れれば離れるほど
スピードが落ちる仕様に変えるのがベターなんですが、
ここの運営、意地でもやらなさそうですし。

意地を張るところが間違ってるよ、ほんと。

コメントをどうぞ